パワーポイントのコツや裏技を解説。グラフや背景、無料素材、デザインテンプレートなどの情報も満載でかっこいいプレゼンテーションに◎
トップ

プレゼンテーションで大切なパワーポイントやプレゼン技法、無料/有料デザインテンプレートについての話題を書いてます。立教大学非常勤講師。教育システム情報学会会員。
カテゴリ
全体
お知らせ
デザインテンプレート
レーザーポインタ
プレゼン技法全般
プロジェクタ・マイク・会場
パワーポイント
資料作成
ビジネス全般
こだわり
クイズ
小ネタ
その他プレゼンツール
未分類
以前の記事
タグ
プロデューサー
PowerPointにはProducerというオーサリングソフトも付いていて、PowerPointの資料があって、USBカメラとマイクがあれば簡単に動画と連動したデジタルプレゼンテーションパックが作成できます。

これはほんと感動もので、ばっちり動画と連動してPowerPointのアニメーションなどが切り替わるので、当時はこれでビジネスもできるのではないかとも思ったくらいです。

USBカメラとマイクをセットして、PowerPointのデータをProducerで開き、録画を開始し話しながらPowerPointを操作すれば、映像とそのタイミングが記録されていきます。

ですから、あとはいかに見ている人を引き込むプレゼンをするか、どうかです。
競争相手としては、テレビに勝つほどの内容とオリジナリティが必要です。
ダイナミックな動きと編集・撮影の技術では勝てませんので、話す内容と最初の2分のつかみと、テンポよく資料を見せる、ことが重要になってきます。
[PR]
by digipre | 2004-11-21 22:52 | パワーポイント
<< スピーチでもそうですが マイクロソフトのコードレスマウス >>