パワーポイントのコツや裏技を解説。グラフや背景、無料素材、デザインテンプレートなどの情報も満載でかっこいいプレゼンテーションに◎
トップ

プレゼンテーションで大切なパワーポイントやプレゼン技法、無料/有料デザインテンプレートについての話題を書いてます。立教大学非常勤講師。教育システム情報学会会員。
カテゴリ
全体
お知らせ
デザインテンプレート
レーザーポインタ
プレゼン技法全般
プロジェクタ・マイク・会場
パワーポイント
資料作成
ビジネス全般
こだわり
クイズ
小ネタ
その他プレゼンツール
未分類
以前の記事
タグ
プロジェクタを使って色を調整~開場前に会場入り
時間があるときは、私は会場でパワーポイントのスライドマスターのデザインテンプレートを調整します。

実際にプロジェクタに映し出して、一番後ろの席に座り、ワイヤレスマウス(コードレスマウス)で遠隔操作して、色を調整します。

プロジェクタは

・プロジェクタ自体の性能
・会場の明るさや座席

によって見え方がまるっきり変わってしまいます。本当に見せたい人が一番手前に座っているとも限りません。

ですから、時間があるときは、会場がオープンする前、1時間前くらいに会場入りし、現場のプロジェクタでスクリーンに投影した画面を見て色調整します。ノートパソコンの画面は見ないで調整します。

これをするだけでも見え方が全然違います。
というか、見てもらえるヒトの数が全然変わります。聞き手の中には、本当に目が悪い人もいますし、プロジェクタの性能によっては薄い色は本当に見えないときがあります。また会場によっては光の照り返しで見えづらくなることもありますので。

薄い青
黄色
明朝体など細い書体
色の濃さ

などは、ほとんどのプロジェクタで再現ができないのではないかと思います。

ですから、時間のあるときは出来る限り、開場前に会場入りするようにします。

PS こちらのサイトは実際の機器を解説しているブログでとても参考になります。
  スクリーンの種類
[PR]
by digipre | 2004-12-29 12:11 | プロジェクタ・マイク・会場
<< 彼のステップアップは見ているほ... 日本語を使うとダサくなる?! >>