パワーポイントのコツや裏技を解説。グラフや背景、無料素材、デザインテンプレートなどの情報も満載でかっこいいプレゼンテーションに◎
トップ

プレゼンテーションで大切なパワーポイントやプレゼン技法、無料/有料デザインテンプレートについての話題を書いてます。立教大学非常勤講師。教育システム情報学会会員。
カテゴリ
全体
お知らせ
デザインテンプレート
レーザーポインタ
プレゼン技法全般
プロジェクタ・マイク・会場
パワーポイント
資料作成
ビジネス全般
こだわり
クイズ
小ネタ
その他プレゼンツール
未分類
以前の記事
タグ
パワーポイントのレイアウトデザイン
※下図はつぶれて見えますが、クリックしますと適正画像が見られます。
b0060530_9391241.jpg


パワーポイントでは、文字だけのレイアウトでもこのように変化を付けることができます。

afterのほうでは、タイトル文字の大きさを少し小さくし、本文を右下に移動しました。
これにより、

(1)本文とタイトルとの文字の大きさの差が少なくなった
(2)全体的に余白が増えた

(1)を文字のジャンプ率を下げた、(2)を余白率を上げた、というデザイン上の処理をしたことになります。それぞれ、上品さを演出するのに使うデザイン手法です。afterのほうが上品になっているのではないでしょうか?

もちろん、これに更に、書体を変え、文章自体も変え、背景も変えますと完璧です。

このように、文字だけのパワーポイントでもその人のセンスの差がはっきりと出せるんですね。時間がなくてパワーポイントを作り込む暇がない!と嘆く前にこういったところから手をつけてみてはいかがでしょうか。
[PR]
by digipre | 2005-01-04 09:46 | パワーポイント
<< 受ける話とは パワーポイント・背景の無料素材 >>