パワーポイントのコツや裏技を解説。グラフや背景、無料素材、デザインテンプレートなどの情報も満載でかっこいいプレゼンテーションに◎
トップ

プレゼンテーションで大切なパワーポイントやプレゼン技法、無料/有料デザインテンプレートについての話題を書いてます。立教大学非常勤講師。教育システム情報学会会員。
カテゴリ
全体
お知らせ
デザインテンプレート
レーザーポインタ
プレゼン技法全般
プロジェクタ・マイク・会場
パワーポイント
資料作成
ビジネス全般
こだわり
クイズ
小ネタ
その他プレゼンツール
未分類
以前の記事
タグ
受ける話とは
書店に行きますと、「受ける話し方」といった内容の書籍が最近ではたくさん並んでいます。今までも「ユニーク話法」などといった言い方でスピーチをする人などに向けて書かれていたものが、最近では、披露宴なども減っているようで、学会やイベントなどで「受ける」話し方に最適化した内容になっているのが、今風なようです。

さて、デジタルプレゼンテーションでも、受ける話し方を考えることができます。

え!?
もともとの原稿を考えるときにデジタル!?

そうです。(^-^)

実は広報の世界ではよく知られた手法なのですが、元々「受ける」ということは、聞き手が知りたがっていることを話す、ということに他なりません。つまり、こちらが話したいことではないんです。ここがポイントです。つまり、原稿を考える時点で、相手の聞きたいことを書き始めることから始めなくてはいけないのです。

ですから、「受けない」原因のほとんどは、このスタートから間違っています。

さて、デジタルということで、わかりやすくて具体的をモットーにしていますプレゼン侍としては、こちらを紹介いたします。

キーワードアドバイスツール

こちらに行きますと、あのYahoo!Japanで検索している人が、どういうキーワードで検索しているかを、ある程度知ることができます。
例えば、プレゼンテーションで調べてみます。

すると・・・、

17515 プレゼンテーション
788 プレゼンテーション ソフト
698 プレゼンテーション 方法
566 プレゼンテーション 1
525 英語 プレゼンテーション
419 プレゼンテーション 仕方
322 プレゼンテーション コツ
281 プレゼンテーション テーマ
273 プレゼンテーション 例
270 プレゼンテーション スキル
254 パワーポイント プレゼンテーション

などと表示され、プレゼンテーションについて、全般的に方法を知りたがっている人や、英語プレゼンテーション、パワーポイントの使い方などを知りたがっている人がいると推測できるわけです。

ですから、これである程度聞き手のニーズを知ることができますので、それに合った内容を元々書き始めれば良いわけです。(^-^)
[PR]
by digipre | 2005-01-04 12:11 | プレゼン技法全般
<< 論より実物 パワーポイントのレイアウトデザイン >>