パワーポイントのコツや裏技を解説。グラフや背景、無料素材、デザインテンプレートなどの情報も満載でかっこいいプレゼンテーションに◎
トップ

プレゼンテーションで大切なパワーポイントやプレゼン技法、無料/有料デザインテンプレートについての話題を書いてます。立教大学非常勤講師。教育システム情報学会会員。
カテゴリ
全体
お知らせ
デザインテンプレート
レーザーポインタ
プレゼン技法全般
プロジェクタ・マイク・会場
パワーポイント
資料作成
ビジネス全般
こだわり
クイズ
小ネタ
その他プレゼンツール
未分類
以前の記事
タグ
得意技に持ち込むということ
仲間由紀恵 本領発揮か でふれていますが、プレゼンテーションでも、自分の得意領域に持っていくというテクニックというか、戦術があります。

かくいう私も資料準備に時間を割けないプレゼンテーションもこなさなければならないときもあるわけですが、そういうときは、「へまをしない」 。 

とにかくそれを心がけて、余計なことは言わない。自分の得意なジャンルになるべく持っていく、というようにクライアントを誘導します。プロジェクト自体が完璧でも、プレゼンテーションで自身のない振る舞いを見てしまいましたら、人間誰しも不安を感じ決裁できなくなるものです。そういう意味では、自分の得意なパターンを持つということは、芸能人でなくても大事なことなのです。(^-^)

たしかに、私も仲間由紀恵さんの真骨頂は「ごくせん」や「トリック」で見せたコミカルな役柄だと思います。あれだけ綺麗な人でコミカルな演技がなじんでしまう人はなかなかいないと思いますね。がんばれ!仲間由紀恵さん(≧▽≦)
[PR]
by digipre | 2005-01-10 14:34 | プレゼン技法全般
<< パワーポイントで省略グラフを貼... はずしてはイケナイところ >>