パワーポイントのコツや裏技を解説。グラフや背景、無料素材、デザインテンプレートなどの情報も満載でかっこいいプレゼンテーションに◎
トップ

プレゼンテーションで大切なパワーポイントやプレゼン技法、無料/有料デザインテンプレートについての話題を書いてます。立教大学非常勤講師。教育システム情報学会会員。
カテゴリ
全体
お知らせ
デザインテンプレート
レーザーポインタ
プレゼン技法全般
プロジェクタ・マイク・会場
パワーポイント
資料作成
ビジネス全般
こだわり
クイズ
小ネタ
その他プレゼンツール
未分類
以前の記事
タグ
プレゼン侍はこう思う「コストパFOMAンス」
b0060530_10361026.jpg1月4週、パイオニア「PURE vision」がトップ獲得!ということですが、購入を決定づける要因を考えることはプレゼンテーション的に大切です。




1月4週(1月27日-30日)、プラズマテレビ機種別ランキングで、パイオニアの「PURE vision(PDP-435HDL)」がトップを獲得したそうです。

これまで、松下電器「VIERA」2機種の後塵を拝し、ランキングも3位どまりだったらしいのですが、僅差ながらついに2強の牙城を崩したそうなんです。

この勝敗はどうやらコストパフォーマンス

とくにデジタルものは出来る出来ないが性能としてはっきりするものですから、この値段でこれも付いている、というのはウリになるんですよね。平均価格が40万円を切るところまで下がっているらしく、この価格下落がシェアを一気に押し上げた可能性は高いのではないでしょうか。一方、2位に後退した松下電器「VIERA(TH-42PX300)」は、42V型で平均単価40万円強ですからね。パイオニアのは43V型デジタルハイビジョンプラズマテレビです。画面サイズやコストパフォーマンスで比べても、パイオニア「PURE vision(PDP-435HDL)」が上回るわけですよね。

これとよく似た事例で、最近では、ドコモの純増がありました。

04年12月の純増シェアはドコモに軍配!auの攻勢をしのいだそのワケは?

ドコモのFOMA、901シリーズが発売され値崩れした900シリーズはそれほど性能的には変わらないらしく、それでそちらが売れてシェアを伸ばしたそうです。

購入の決定を後押しするコストパフォーマンス。
プレゼンテーション的にはぜひ押さえたいテクニックですね。(^-^)
[PR]
by digipre | 2005-02-09 10:41 | プレゼン技法全般
<< パワーポイントで動画を貼り付ける裏技 プレゼン侍はこう思う「記念日が... >>