パワーポイントのコツや裏技を解説。グラフや背景、無料素材、デザインテンプレートなどの情報も満載でかっこいいプレゼンテーションに◎
トップ

プレゼンテーションで大切なパワーポイントやプレゼン技法、無料/有料デザインテンプレートについての話題を書いてます。立教大学非常勤講師。教育システム情報学会会員。
カテゴリ
全体
お知らせ
デザインテンプレート
レーザーポインタ
プレゼン技法全般
プロジェクタ・マイク・会場
パワーポイント
資料作成
ビジネス全般
こだわり
クイズ
小ネタ
その他プレゼンツール
未分類
以前の記事
タグ
プレゼン侍はこう思う「法律改正がチャンス」
b0060530_101715100.jpg消費税見直しで申告ソフトに追い風?自営業、決算事情にも変化 によると毎年、1月から3月までの3か月間で、大きな盛り上がりを見せているそうです。



プレゼンテーションをするときの手法で、

今に訴える

というテクニックがあります。「今だから××をやるべきです」「今やらなければ他社に追い抜かれます」というように、クライアントの「なぜ今やらなくちゃいけないの?」という疑問に答える内容を予めスライドに入れておく、というのは殺し文句(常套句)なのです。

クライアントも、なるほどじゃあ今からやろうか、となるわけです。他には、「なぜウチでやらなければならないのか」「なぜ他ではダメなのか」などです。

この申告ソフトも、消費税関連の法律の改正にともなって、平成17年1月以降は、売上高が1000万円を超えれば個人であっても消費税を納めなければならなくなるそうなのです。

法律改正、規制緩和、というのは、「今」を訴えるとても良い材料なのです。ですから、プレゼンテーションに挑むときにもそういった政府の動きを考慮したスライドを1枚入れておくと、良いでしょう。そして、相手の反応を見て、付け加えれば良いと思います。

なぜ今か

これに答えられるよう普段から情報収集しておきたいですね。(^-^)
[PR]
by digipre | 2005-02-10 10:16 | プレゼン技法全般
<< パワーポイントで資料作成。その... プレゼン侍はこう思う「ヒトを動... >>