パワーポイントのコツや裏技を解説。グラフや背景、無料素材、デザインテンプレートなどの情報も満載でかっこいいプレゼンテーションに◎
トップ

プレゼンテーションで大切なパワーポイントやプレゼン技法、無料/有料デザインテンプレートについての話題を書いてます。立教大学非常勤講師。教育システム情報学会会員。
カテゴリ
全体
お知らせ
デザインテンプレート
レーザーポインタ
プレゼン技法全般
プロジェクタ・マイク・会場
パワーポイント
資料作成
ビジネス全般
こだわり
クイズ
小ネタ
その他プレゼンツール
未分類
以前の記事
タグ
パワーポイントで行間や文字幅、文字間隔の設定をするコツ
b0060530_1311055.jpgPowerPointでテキストボックスを使って詳細な説明を入力する方は多いのではないでしょうか。そこでこんなテクニックもあります。




パワーポイントのテキストボックスでは行間の設定ができません。自動で設定されてしまうので、

ワードのように細かく字詰めやインデントを設定したいと思ってもできないのです。(TvT)

そんなとき便利なのが、

[挿入]→[オブジェクト]→[MicroSoftWord文書]

です。

これを使いますと、パワーポイントのスライドにワード文書を作成できます。ですから、そこで心おきなく行間の設定や、ワードのほうのテキストボックスを使えば、ワードでできることはできるようになります。つまり行間や文字間隔([文字幅と間隔]タブ)の設定ができるのです。

オブジェクト挿入を知らない方には、目から鱗の裏技なのではないでしょうか。(^-^)
[PR]
by digipre | 2005-02-14 13:05 | パワーポイント
<< プレゼン侍はこう思う「ツカミの... パワーポイントを遠隔操作するに... >>