パワーポイントのコツや裏技を解説。グラフや背景、無料素材、デザインテンプレートなどの情報も満載でかっこいいプレゼンテーションに◎
トップ

プレゼンテーションで大切なパワーポイントやプレゼン技法、無料/有料デザインテンプレートについての話題を書いてます。立教大学非常勤講師。教育システム情報学会会員。
カテゴリ
全体
お知らせ
デザインテンプレート
レーザーポインタ
プレゼン技法全般
プロジェクタ・マイク・会場
パワーポイント
資料作成
ビジネス全般
こだわり
クイズ
小ネタ
その他プレゼンツール
未分類
以前の記事
タグ
この交渉術はイエスバット法といいます。
b0060530_11375817.jpg堀江社長、ニッポン放送社員減給!? では、買収後はかなりの部分で給与見直しを考えているとのことです。




堀江氏は徹底したコストカット主義で知られている、と記事には書かれており、それは書籍に書いてあるとされています。たしかに、今までの報道を見ましても、堀江氏お金をかけず最大限目的を達成するために、(一般的には)ギリギリと言われるようなことをしてきてきたように記憶しています。

例えば西武球団買収でも、結局コスト面で折り合いが付かなかったですが、ライブドア側の示した額はかなり安かったように思います。

ライブドア、西武ライオンズ買収報道を否定

というように、基本的にはイエスだが、それは条件次第、というプレゼンテーションで基本的な手法を「イエスバット法」と言います。彼はを巧みに使って交渉を有利に進めていると思われる記事がよく見られます。

さて、そのイエスバット法、使い方としては例えば、

「合コン?あー行くよ!行く!でも、女の子がかわいければね」

と使います。

このように、相手には素直に「行く行く!」とウェルカムな姿勢を醸しだしますが、しかし、最終的には自分の条件を通す、というのがミソです。

このテクニックは相手に、あからさまにNOを言わないので、まず良い印象を与え受け入れてもらえる、というメリットがあります。その交渉にメリットがないと思えば、相手が実現不可能な条件を提示して実質決裂に持っていけばいいのです。あからさまにノーを言っていないことから、次にまた交渉をしてもらう余地を残すこともできるわけですね。

イエスバット法

こちらに詳しく解説がされています。
そちらには登場していませんが、今回のニュースも含め、堀江氏に学ぶプレゼンテーション技法といったところでしょうか。
彼の高度なテクニックは今後も必見です。o(^-^)o

PS ちなみに、給与見直しですが、最近では職種別というか、階層別給与が増えてきている、とニュースでやっていました。経理や営業、企画などそれぞれの部署で経営に直結する階層になればなるほど給与が上がる、というものらしいです。(^-^)
[PR]
by digipre | 2005-02-28 12:15 | プレゼン技法全般
<< パワーポイント2000の本当に... 逆に私はICレコーダをミュージ... >>