パワーポイントのコツや裏技を解説。グラフや背景、無料素材、デザインテンプレートなどの情報も満載でかっこいいプレゼンテーションに◎
トップ

プレゼンテーションで大切なパワーポイントやプレゼン技法、無料/有料デザインテンプレートについての話題を書いてます。立教大学非常勤講師。教育システム情報学会会員。
カテゴリ
全体
お知らせ
デザインテンプレート
レーザーポインタ
プレゼン技法全般
プロジェクタ・マイク・会場
パワーポイント
資料作成
ビジネス全般
こだわり
クイズ
小ネタ
その他プレゼンツール
未分類
以前の記事
タグ
プロジェクター用スクリーンの大きさは何で決まる?
b0060530_1551738.jpgプレゼンテーションを行うときに、プロジェクターだけではなく、そのアウトプットであるスクリーンにもこだわりたいものです。




b0060530_1545389.jpgスクリーンはその材質なども比較・吟味すると映り方に大きく違いが出、ホームシアターなどを検討している方にとってはとても重要なことです。

しかし、プレゼンテーションにおいては、それ以上に大きさを考慮することが大切です。

2つの図を見て下さい。

ほぼ、同じ大きさのスクリーンですが、見た目の大きさがまったく変わっています。

上図では、後ろの人は本当に小さく、下図ではかなり見やすく、これならばDVD鑑賞などもできそうです。

このようにスクリーンは、会場の広さや収容人数の相対値に大きく影響されるのです。ですから、当日までの事前チェックとしてスクリーンの大きさや会場の広さなどを予め聞いておくのですが、それ以上に、今は担当者さんがカメラ付き携帯を持っていれば、会場風景を携帯で撮影して送ってもらうようにしています。

これが確実です。
その際に、実際に文字サイズを表現したパワーポイントを投影しておいてもらえば完璧です。
会場が電動スクリーンでなかったり、当日だけ借りている会場だったりすると苦労を強いてしまうのですが、より満足度を上げるプレゼンテーションをするためには必要な事前の準備なのです。
[PR]
by digipre | 2005-03-10 01:52 | プロジェクタ・マイク・会場
<< 映像再生機能付きHDDケース 【手書き入力】Tegakidi... >>