パワーポイントのコツや裏技を解説。グラフや背景、無料素材、デザインテンプレートなどの情報も満載でかっこいいプレゼンテーションに◎
トップ

プレゼンテーションで大切なパワーポイントやプレゼン技法、無料/有料デザインテンプレートについての話題を書いてます。立教大学非常勤講師。教育システム情報学会会員。
カテゴリ
全体
お知らせ
デザインテンプレート
レーザーポインタ
プレゼン技法全般
プロジェクタ・マイク・会場
パワーポイント
資料作成
ビジネス全般
こだわり
クイズ
小ネタ
その他プレゼンツール
未分類
以前の記事
タグ
披露宴の下見でパワーポイントの確認
b0060530_0574978.jpg披露宴でパワーポイントを使うときは、できれば事前に投影テストをして色の具合やスクリーンの見え方を確認したいものです。




大きなスクリーンをレンタルしますと、料金がかさみますのでなかなか借りることも躊躇するかと思います。

検討しているカップルは、判断をする際に会場で確認すると良いと思います。
せっかく借りても、あまりにも小さくて後ろのほうの人は、見づらかった・・・ということをなくせます。

エプソンPM-4000PX

たとえば、このプリンターでは、拡大して大きく印刷する機能があります。スクリーンとまではいかなくとも、サンプルのスライドを印刷しておいて(32pt、64pt、96ptなど複数のポイント数の文字を印刷しておくと良い)、それを会場で視認チェックします。

これなら、プロジェクタをその場で用意できなくても、だいたいの見え方を確認できます。

プロジェクタを使うといっても、プレゼンテーションは発表です。
こういったアナログなやり方も全然ありなのです。(^-^)
[PR]
by digipre | 2005-04-13 01:43 | プロジェクタ・マイク・会場
<< 子供用モデルもあります 起きあがるロボットnuvo、画... >>