パワーポイントのコツや裏技を解説。グラフや背景、無料素材、デザインテンプレートなどの情報も満載でかっこいいプレゼンテーションに◎
トップ

プレゼンテーションで大切なパワーポイントやプレゼン技法、無料/有料デザインテンプレートについての話題を書いてます。立教大学非常勤講師。教育システム情報学会会員。
カテゴリ
全体
お知らせ
デザインテンプレート
レーザーポインタ
プレゼン技法全般
プロジェクタ・マイク・会場
パワーポイント
資料作成
ビジネス全般
こだわり
クイズ
小ネタ
その他プレゼンツール
未分類
以前の記事
タグ
プレゼンでマイク利用の裏技(?)
b0060530_23381443.jpg プレゼンテーション会場でマイクを使えない場合があります。また、自前で用意したほうが見た目的にも良い場合もあります。そのときには、PCにマイクをつなぎ、そこから音を拾えば良いのです。



b0060530_2339278.jpg

 パワーポイントのデータなどを用意したプレゼンテーション用にノートパソコンにマイク端子があり、マイク入力が出来るのであれば、OKです。


 会場にはたいてい音声入力のケーブルがありますから、パソコンの音声出力を会場に出します。


 そして、図のように、PCの入力項目でマイクをチェックしておけば良いのです。そうすると、マイク入力された音声がそのままスピーカーに出力できるようになります。


 ヘッドセットなどパソコン用のマイクは近年充実してきましたし、安価にもなりましたから選ぶには困らないと思います。


 ちなみに、【プレゼン侍】はワイヤレスヘッドセットをヤフオクで4000円程度で買いました。


 ただ、最近出回っていますBluetoothタイプのものは、私はまだ出力が成功していません。Bluetoothはプロファイル設定があり、Bluetoothヘッドセットは通常、マイクとイヤホンが合体されています。勿論これは携帯電話での利用ではアリなのですが、プレゼンテーションということでは、マイクだけでいいのですが、知る限りマイクのみのBluetooth機というのは見たことがありません(知っている方いたら教えて下さい~~!!!)。


 したがって、Bluetoothヘッドセットを使うと、ワイヤレスで音声入力が出来ても、その出力をヘッドセット以外に出力できないのです。少なくとも私が使用しているM3000では。。。


 最近では、スカイプを利用してオンラインプレゼンテーションを実験しています。
 近々レポートしますね。お楽しみに!
[PR]
by digipre | 2006-01-22 23:52 | プロジェクタ・マイク・会場
<< パワーポイント資料のデザインアップ 動画でプレゼンテーション >>