パワーポイントのコツや裏技を解説。グラフや背景、無料素材、デザインテンプレートなどの情報も満載でかっこいいプレゼンテーションに◎
トップ

プレゼンテーションで大切なパワーポイントやプレゼン技法、無料/有料デザインテンプレートについての話題を書いてます。立教大学非常勤講師。教育システム情報学会会員。
カテゴリ
全体
お知らせ
デザインテンプレート
レーザーポインタ
プレゼン技法全般
プロジェクタ・マイク・会場
パワーポイント
資料作成
ビジネス全般
こだわり
クイズ
小ネタ
その他プレゼンツール
未分類
以前の記事
タグ
カテゴリ:プレゼン技法全般( 69 )
面接に役立つプレゼン情報やネタが満載
オススメ携帯サイトです。

続きを読む・・・
[PR]
by digipre | 2004-12-29 15:20 | プレゼン技法全般
彼のステップアップは見ているほうも元気になれる
ネーミングやキャッチコピーはとても重要なのですが、私もこの見出しに誘われてニュース見ました。

オダギリ「すごい名前の賞」

オダギリジョーさんが石原裕次郎新人賞を受賞したという記事でした。

彼は一般的には特撮ものの番組で脚光を浴びた俳優さんということで知られていますが、演技力ということでは、その前からすでに一部のファンや、そしてスタッフには目に留まっていました(スタッフの目に留まるほどの実力や魅力、というところがポイントです)。

そして全国放送のドラマに1年間出演し、それ以降は、フジテレビなど大手TV局でのドラマに多数出演し、最近では大河ドラマ「新撰組!」にも出演しファン層が一気に広がりました(最後まで生き残り格好良い太刀のシーンも最後にありました。ほんと格好良かった!)。

そして、たけしさんとの映画共演のニュースは私も知っていましたが、こういった形で賞をとれたとなると彼も非常に嬉しいのではないかと思いました。

たけし監督は若手俳優でも実力派を起用する人です。
浅野忠信さん、真木蔵人さんなど実力があるヒトばかりです。きっと目に留まったことでしょう。また、「月はどっちに出ている」で有名な監督の崔洋一監督も世界的に有名な方ですので、彼の評価も上がったことでしょう。今後の活躍も期待してしまいます。

事務所的がホリプロや吉本ほど大きくないにも関わらず、ここまでブレイクしたのは、実力、スタッフとのやりとり、ファンの心をとらえる魅力などすべてがあってこそだと思います。ネガティブなスキャンダルなどもなく真面目な人柄が伺えます(私が聞いたことないだけでしょうか?)。

プレゼンターのヒトも

「パワーのある方で、とても刺激を受けて勉強になった」と話した。

と語ったそうです。それだけのことがあるヒトだと思いました。

・・・と私がここまで絶賛するまでもないわけですが、プレゼンも人柄を含めトータルで判断される、ということを言いたかったわけですね。(^◇^;) 彼のステップアップはそういう意味で見ていて本当に気持ちがいいです。励みになります。

今日もマックで公衆無線LANから投稿してます~。

PS 04/12/30 訂正追記 こちらに水野美紀さんとのスクープが紹介されていました。びっくり。
[PR]
by digipre | 2004-12-29 12:36 | プレゼン技法全般
プレゼンの入門のオススメ本
勝者のプレゼン術

みなさんは、かつて放送されていたプレゼンタイガーという深夜番組をご存じでしょうか?

脚本はおちまさと、司会がユースケサンタマリアという深夜にも関わらず豪華な顔ぶれで、毎週毎週、実際のプロのプレゼンターが、クライアントからのテーマにプレゼン合戦をする、という番組です。

出演するプレゼンターのヒトも豪華。
大手広告代理店博報堂の社員のヒトもいれば、有名音楽ディレクター、著名コンサルタントなど業界では有名人ばかりです。そういった人たちが、「新しく発売されるカップ麺の商品名」「新しく作られる遊園地のコースターの名前」「漫画のヒロインの名前」などの、当然これらは実際に発売される漫画だったり、発売される商品であったします。

で、その名前やプランなど、自分たちの提案がいかにすぐれているかを5分間でプレゼンし合い、質疑応答とお互いの質疑応答(これもなかなか面白い)を経て、クライアントが最終決断をし、勝者を決める、という、まさに勝者のプレゼン術なのです。

一般売りの書籍にありがちな「勝つための~」「成功する~」といった冠ではなく、本当に番組内で勝負が決まったそのプレゼンの様子が詳しく書かれています。臨場感がある文体で平易なコトバで書かれていますので、すぐに読め実行できます。

もう、今では書店では置いていないかもしれません。
しかし、本当にこれはオススメです。(^-^)
[PR]
by digipre | 2004-12-28 23:57 | プレゼン技法全般
クライアントへのアピール
信用のおけるヒトが薦めるモノだから信用できる、という心理が人間には働きます。

ある実験では、高級レストラン内でソムリエが綺麗なグラスに

普通の水道水

をおいしそうに注ぐと、ほとんどのヒトが「おいしい!」と答えるそうです。

TBS「4月改編」早すぎる発表波紋…みの起用など

クライアントへのアピールという意味では、この手法は正しいわけです。
しかし、クライアントが本当に喜ぶのは数字なはずで、本末転倒にならないようにしないと、もっと大きな信用をなくすことにもなりませんが、そうなったらなったで、また違うプロデューサーを投入するだけなんでしょうけど・・・。(-_-;) 

ところで、水道水が本当においしい地方もあります。
富山にプレゼンで言ったときは、普通のビジネスホテルの蛇口からでるお水がスゴクおいしかったことを激烈に覚えています。
[PR]
by digipre | 2004-12-24 11:09 | プレゼン技法全般
身だしなみ
プレゼン侍としては、身だしなみにも気をつかいます。
というか、この年齢の頃から手入れをしていかないと、やはりだんだんとシミなどが出てくるからです。

日焼け止め

毛穴のよごれ

とくに、対面でのプレゼンで差し出す手の甲がしみだらけよりも、ないほうがいいわけです。

プレゼンにおいて、

身だしなみは減点法

だということを忘れないようにしています。
[PR]
by digipre | 2004-12-24 10:13 | プレゼン技法全般
記憶のメカニズム~イメージの重要性
私たちはヒトを記憶するときに、

イメージ
 ↓
ニックネーム
 ↓
名前

たとえば、かつての財務大臣を例に取りますと、、、

「あのおもしろいおじいちゃん大臣」
(名前なんだったけなぁ)
 ↓
「塩じぃ」
(そうそう塩じぃって言うんだ。でも下の名前何だっけ?)
 ↓
「塩川 正十郎」
(そうそう、それそれ!)

というふうに、イメージや相性が合致して、強烈な印象を与えられることによって初めて名前を覚えてもらえる、という心理学でも照明されている脳のメカニズムがあります。

プレゼンでもそうなのですが、相手にいかに覚えてもらえるか、ということがとても重要です。そして、それは第1印象のイメージに左右されるわけです。

したがって、それを崩さないような言動、質疑応答、プレゼン、普段の振る舞いが重要になります。その大切さをものがたっているニュースかと思いました。
[PR]
by digipre | 2004-12-23 13:13 | プレゼン技法全般
目に留まること
6人組バンド、ヤマダ電機所属に

何が目に留まるかはわかりません。

スワンプ デルタ ロックカフェ

はこういうバンドらしいです。どうやらボーカルの岡本修(28)さんが、イケメンらしいです。

秋本康氏はある商品で「100の買う理由があると」ヒットすると言っています。歌がうまいから、ルックスがいいから、ハーモニーがいいから、といろいろな理由が付けられる完成度の高いバンドだったのでしょう。

プレゼンも、ビジュアル、話術、内容など、常に完成度を高めたいものです。o(^-^)o

PS そのヤマダ電機さんヤマダ電機、ヨドバシカメラと家電ネット販売で激突をしているそうです。
[PR]
by digipre | 2004-12-23 12:22 | プレゼン技法全般
スクリーンとの距離
 今日はスクリーンと操作の机が離れている場所でのプレゼンです。

 とくに今日のスクリーンは、かなり大きなもので、天井から吊り下げられていて、その下に一段高くしてある雛壇が置いてあり、ちょっとしたステージです。

 で、その脇にホワイトボードと、PCを置く長机があり、スクリーンまで歩いて5~6歩といったところでしょうか。

 プロジェクタは手前の照明を消さないとちょっと見づらいタイプ。PowerPointの配色を濃い背景、白文字に直前に変更しておきます。スライドマスターに設定してあるのですぐに変更が可能です。

 会場自体は20~30人の部屋。ですから、マイクはとくに必要ないのでボディランゲージはバッチリできます。

 照明と机との移動あたりをスムーズに行うことがポイントになりますね。

 がんばります~。(^-^)
[PR]
by digipre | 2004-12-02 08:15 | プレゼン技法全般
プレゼンテーションの話し方
デジプレではデジタルツールをとにかく駆使して印象を良くしようというプレゼンテーションです。したがって、振る舞いの全てがデジタルを彷彿させるようなイメージ戦略が重要です。

しかし、私たちは話を理解するときに、よりわかりやすい言葉、そして、自分たちが普段使っている言葉に良い印象を持つものです。

ですから、よく「専門用語ばっかりでよくわからなかった」という感想を聞きますが、これなどは聞き手の言葉を使って話していない例と言えます。

つまり、振る舞いはデジタルでも話し方はアナログで。
なるべく平易な言葉で。

「これからのコーポレートガバナンスは××で・・・」

よりは、

「これからの企業統括としては××で・・・」

となり、

「これからの会社のまとめ方としては××で・・・」

となっていきます。ある程度厳密にニュアンスを伝えたい場合は仕方ないかも知れませんが、話し言葉はなるべくアナログにしましょう。デジタルとのバランスがとれますし。(^-^)v
[PR]
by digipre | 2004-11-25 20:12 | プレゼン技法全般