パワーポイントのコツや裏技を解説。グラフや背景、無料素材、デザインテンプレートなどの情報も満載でかっこいいプレゼンテーションに◎
トップ

プレゼンテーションで大切なパワーポイントやプレゼン技法、無料/有料デザインテンプレートについての話題を書いてます。立教大学非常勤講師。教育システム情報学会会員。
カテゴリ
全体
お知らせ
デザインテンプレート
レーザーポインタ
プレゼン技法全般
プロジェクタ・マイク・会場
パワーポイント
資料作成
ビジネス全般
こだわり
クイズ
小ネタ
その他プレゼンツール
未分類
以前の記事
タグ
<   2004年 12月 ( 90 )   > この月の画像一覧
来年もプレゼン侍をよろしくお願いいたします。
今年も残すところあとわずか。
みなさんにとって今年はどんな年だったでしょうか。
私はいろいろなところでデジタルプレゼンテーションを行いノウハウを見つけました。
そして、このブログを立ち上げ、思いのほかプレゼンテーションの仕方について疑問を抱いている方が多いことを知りました。
来年も、デジタルに特化して、プレゼンテーションの極意を解説していきます。
訪問してきてくれた皆様ありがとうございました。
そして、また来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
2005年が皆様にとって良い年でありますように。
m(_ _)m

PS 1月1日は更新はお休みいたします。
[PR]
by digipre | 2004-12-31 19:41 | お知らせ
レーザーポインタ付きコードレスマウス
柔軟な姿勢が求められるサプライ市場

デジタルプレゼンテーションでは、コードレスマウスやスピーカーなど様々なデジタルアイテムを駆使します。こちらのランキングで3位に入っていますロジクール社製のレーザーポインタ付きワイヤレスマウスを私は社内プレゼンテーションではよく使います。
とても便利ですよ。(^-^)
[PR]
by digipre | 2004-12-31 10:28 | レーザーポインタ
今後のプレゼンテーションが気になる人
あみーゴ嬉し涙がキラリ…大手レコード会社に移籍

ということらしいです。
鈴木亜美さんは事務所からの独立騒動以来ずっと個人で活動を続けてきた方ですが、ここにきて晴れてメジャー事務所入りをされたわけです。

「自分で作る達成感はあったけど、宣伝などで人が足りず、大変だった」

と会見では語っています。宣伝という、売上げを生み出す仕組みがメジャーとインディーズの最も大きな違いと言えますが、そのことを如実に表現したとても重いコメントでしょう。よほど大変だったことと思います。

騒動があった当時の契約では、彼女の実演印税は0.4%だったとか。1000円のCDを1万枚売上げて4万円という契約だったそうです。

亜美さんを獲得したエイベックスも今年いろいろと世間を騒がせましたが、メジャーレーベルとしては最大級の会社。これからの彼女のプロモーションが、プレゼンテーション的には興味深いところです。
[PR]
by digipre | 2004-12-31 08:41 | こだわり
パワーポイントの無料デザインテンプレート
いよいよ年の瀬ですね。
今日はおそばを食べたくなりますね。

で、パワーポイントの無料のデザインテンプレート、見つけました。

交差点の真ん中で

こちらのテンプレートというコーナーにあります。
商用プレゼンでの利用も可とのことで、ありがたいですね。(^-^)
[PR]
by digipre | 2004-12-31 08:17 | パワーポイント
名刺スキャナはスゴイ! その2
※本レポートはすべての場合にそうなるというものを保証しているわけではありません。あくまで私の場合での話です。ご了承下さい。

--------------------

さて、名刺のスキャンは約40分くらいで終了。
早いです。
背景が白で比較的文字づめがされていなければ、ほぼ完璧に読み取ります。

傾向としては、

・背景に色が付いている
・文字間隔がキツキツに詰まっている
・書体が珍しい書体を使っている
・郵便番号などで2段になっているなど特種なレイアウトになっている
訂正:郵便番号などで2段になっているなど特種なレイアウトになっている場合でも解析できているのもありました。
・手書きで何か書き込んでしまう

などを除けばほぼ完璧に読み取っています。
電話番号などはほぼパーフェクト。

すごいのは、

・縦書きで漢字になっているのも電話番号として自動読み取り
・1丁目5番地10号などは、1-5-10 などと自動で変換(いいか悪いかは別として)
・TEL/FAX という併記もちゃんと判断して、TEL欄FAX欄に認識

と、とにかく私にとっては感動することばかり。
99年くらいにOCRで読み取りをしたことがありますが、その頃もかなり感動しましたが、それでも新聞記事などある程度限られた文章を、手直し手直しで、まあ入力するのとほぼ同等というくらいで感動はしていましたが、今回のはここまでインテリジェンスかと、私はとても感激しました。

今、1枚1枚見直していますが、名刺受け取りの状況や対応履歴なども入力できますので、使いこなせば便利そうです。

プレゼンのキーマンに積極的にアプローチできそうです。(^-^)
さあ、がんばって年賀状作るぞ<おい。まだか。。。_| ̄|○
[PR]
by digipre | 2004-12-30 23:35 | こだわり
名刺スキャナはスゴイ!
お恥ずかしいことにプレゼン侍、

まだ年賀状を出していません・・・(-_-;)

で、これからまだ名刺の入力が200枚以上あります。
途方に暮れていたところ、はたと思いつきまして名刺スキャナ買ってきました。

スキャナde!!名刺整理2

買ってきました。
売り場で3つくらい競合があったのですが、同報メール配信もOKという言葉に惹かれ決めました。

で、続きます。。。。(^◇^;)
[PR]
by digipre | 2004-12-30 16:25 | こだわり
パワーポイントの無料素材サイト
ネットには無料で使えるプレゼンテーション素材集がたくさんあります。

プレゼンテーション素材集

こちらはアライドテレシス社が公開しています無料の素材集です。
wmfファイルでダウンロードできますので、パワーポイントに貼り付け拡大縮小などしても滑らかですので、デザイン性を保ったまま使えます(ビットマップデータだと拡大などすると荒くなってしまいます)。

デザインの幅を広げたいときにはとても便利です。(^-^)
[PR]
by digipre | 2004-12-29 22:33 | パワーポイント
競争相手がいるかいないかで
米国の休暇期間の買い物サイトへのアクセス、約26%増加

ということらしいです。

これはプレゼンテーションで言えば、コンペの競争相手がいるかいないか、といったところでしょうか。競争相手がいなければクライアントは絶対的な評価で選ぶしかなくなるので、格段と選ばれる確率も高くなると言えます。

さて、このニュースに限って言えば、

売ってなければネットで探す

こういう買い方が定着してきたということなのでしょうね。

日本でもこういう話を聞いたことがあります。

冬に日傘を買いたい。しかし、デパートでは冬に傘は置いていない。なぜ冬に日傘が欲しいかというと南半球に旅行などに行く人がいるということなんですね。

ですから、なければネットで探すしかない。
ということで、ネットで日傘が売れるということを見つけ成功した傘屋さんがあるそうです。

競争相手がいない道をいく、というのはリスクに見えるかもしれませんが、最大のリスク回避かもしれませんね。(^-^)
[PR]
by digipre | 2004-12-29 20:56 | プレゼン技法全般
日本語を使うとダサくなる?! その2
パワーポイントでプレゼンテーションの資料を作るときに、日本語を使うとどうしてもデザイン的に生活感が出てしまう、という話を前回しました。

そして、それらは標準でインストールされていない書体(フォント)等を使いますと、多少は緩和されるという話までいったかと思います。

さて、そしてその上の上級テクニックとしては、

コピー(文章)を研ぎ澄ます

というテクニックです。

キャッチコピーやタイトル、単語、すべてを推敲するのです。
もちろん、学術発表などのプレゼンではそうそう使えないのですが、いわゆる新製品発表などのプレゼンや社内プレゼンなど華があると盛り上がるプレゼンについては効果的です。

考えたコピーとそうでないコピーでは、まずそれだけで違いが出てきます。

具体的に言いますと、

------
 3つの特徴
 1.簡単
 2.安心
 3.低価格
------
   ↓
---------------
 カンタン携帯のオススメポイント
 1.とってもカンタン!私にもツカエル!
 2.やっぱり安心がイチバン
 3.なんでこんなに安いの?
---------------

どうでしょうか。
もちろんプレゼンの内容によるかと思いますが、全然印象が違うのではないでしょうか?
そして、単語1つ変わっても、また印象が変わります。

---------------
 簡単携帯のお薦めポイント
 1.とっても簡単!私にも使える!
 2.やっぱり安心が一番
 3.なんでこんなに安いの?
---------------

どうでしょうか。
こちらのほうが少し普通っぽくなりましたよね。前者のほうは感性に訴えるというか、直感に入り込むとは言えませんでしょうか。カタカナは音声が直接届くので感性に響きやすいのです。

このように、文章(コピー)1つとってもまったく印象が変わってしまうので、日本語ではdasai!と諦める前に、時間の許す限り推敲もされることをお薦めします。

しかし、それをも上回るセンスアップデザインテクニックがあるんです。
・・・続きますo(^-^)o
[PR]
by digipre | 2004-12-29 20:48 | 資料作成
面接に役立つプレゼン情報やネタが満載
オススメ携帯サイトです。

続きを読む・・・
[PR]
by digipre | 2004-12-29 15:20 | プレゼン技法全般